日本人女性がやるべき運動方法

こんにちは!コンフィード深町です(^-^)


今回お話しする内容はお題にも書きましたが、


「日本人女性がやるべき運動方法」です(^-^)


昨今、フィットネス人口が増えており日常生活に運動を取り入れる方が多くなってきました。


そして、欧米人の身体つきに憧れをもつという方も多く耳にします(^-^)


欧米人女性はお尻が大きくプリっとしていて肩回りの筋肉も適度に付いていることで相対的にしっかりお腹周りもくびれていることで、いわゆるグラマラスボティに昨今の筋トレに励む女性達は憧れをもっているそうです(^-^)


しかし、欧米人と日本人は元々骨格に違いがあると言われています。


欧米人のお尻がものすごく上がって見えるのは骨盤の仙骨と言われる骨の角度が日本人と比べて鋭角であると言われています。


なので、筋トレをいくらおこなっていてもお尻が上がらない!と言う方たちはこの「仙骨」の角度を上げるようなトレーニングが必要となるわけです。


腰を反るのではなく、「仙骨」を鍛えるのです。


仙骨を上げるために必要な筋肉は『多裂筋』です。


多裂筋を的確に鍛えることができればお尻は上がっていきます(^-^)


それだけでなく、腰痛改善にも繋がるので鍛えて損はない筋肉です(^-^)


ヒップスラストをやる前に!


デッドリフトをやる前に!


まずは多裂筋を鍛えてお尻が上がる土台を作りましょう!


ではまた!




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示