• コンフィード深町

広背筋について

こんにちは!コンフィード深町です(^^)/


本日は背中の筋肉である『広背筋』についてほんの少し専門的なお話しをしようと思います!


YouTubeのほうでもこのお話しとトレーニング方法、ストレッチ方法を上げていますので


是非ご覧ください(^-^)


『広背筋』

筋肉がどこからどこについているか、ここに書くときっと記事を読む気が失せると思いますので、気になる方はググって調べてください。笑


「広背筋 起始停止」 これで検索してください。笑


筋肉の位置はわかりましたね(*'ω'*)


〈広背筋が硬くなったり、筋力不足による機能不全がおこるとどうなるでしょう〉


① 肩が痛くなる

 広背筋は肩甲骨の下角と言われる場所に触れています。(肩甲骨の下のほう)

 よって広背筋の拘縮があると肩甲骨の動きが悪くなり、無理に腕を挙げていると

 肩に痛みが出てくる場合がある。


② 空気を吸い込む力が弱くなる

 広背筋は吸気補助の役割を担っています。強制吸気筋とも呼ばれていて、

 筋の拘縮や機能不全で広背筋の働きが弱いと酸素を取り込む力が弱くなってしまいます。


③ 姿勢が悪くなる(猫背)

 筋力不足による機能不全をおこすと背骨が丸くなっていく可能性があります。


身体の中心にありますから有名な言葉で表すと、「体幹」ですよね(^^)


身体の幹になりますから、適切にトレーニング・ストレッチすることで良い姿勢を自然に作り上げましょう(^-^)


コロナ対策も心掛けながら、少しづつ運動始めていきましょう('◇')ゞ


Private Gym KONFiDO代表 深町


​石川県金沢市乙丸町丙44-3

©2019 by -Private Gym- KONFiDO。Wix.com で作成されました。