あなたのそのスクワットは脚が太くなります。

こんにちは!コンフィード深町です(^-^)


今回は『スクワット』についてぼやいていこうと思っております。


運動をしていない人でも言葉くらいは知られている運動の定番と言えばスクワットですよね(^-^)


大前提で言っておきたいのは、スクワットはとても良いトレーニングです。


ただし、ボディメイクにおいて脚をスラっとさせたい目的の方には、


正しいやり方でないと太くなる可能性があります('Д')


ボディメイク目的で24時間ジムなどで自身で運動されている方、パーソナルジムでトレーナーの指示を受けながら運動をおこなっている方の多くはある程度の負荷を用いてスクワットをおこなっていると思います。


最近はSNSの普及によりスクワットの正しいフォーム情報は手軽に得ることができ、大変便利な時代になりましたが、その多くのスクワットは脚が太くなっていくロードへと繋がっております。


まだ、自重によるスクワットであればそこまで脚が太くなる可能性は少なくなりますが、ポイントを押さえてなければ思ったほどの効果を得ることはないでしょう。


バーベルを担いで負荷を掛けようものならば、たくましい脚へ一直線となります(*_*)


たくましいのが良いという目的の方はそれで何も問題はありませんが、多くの女性はそうではないはずです。


スクワットで使われる筋群はたくさんありますが、その中でも『大腿四頭筋』いわゆる前ももですね。


この筋肉を多く使ってしまうと、前ももが張り出してしまう原因となります。


結果、たくましいい脚へと変化していくのです('Д')


そして一部のトレーナーさんが実施しているのをみかけたことがあるのですが、


スクワットでよりお尻に効かせるために腰を反り、極端にまでお尻を突き出しながらスクワットを実施させているトレーナーもいました。


そのようなスクワットをしてしまうと、確かに前ももの負担は多少減るかもしれませんが背骨(特に腰椎)に異常なくらい負担が掛かってしまいます('Д')


スクワットで腰や背中を痛めた方も少なくないのではないでしょうか。


脚スラの正しいスクワットとは、


1.お尻と内ももを使えていること

2.前ももへの負担を極力減らすこと

3.腰に負担がかからず安全であること


これにより作られます。


これから夏に向けて身体作りを始める方!


正しい知識と情報で美ボディ目指して頑張りましょう(^-^)


PrivateGym KONFiDO代表 深町孝治



#スクワット

#美ボディ

#美尻

#美姿勢

#美脚

#筋トレ

#ジム

#コンフィード

#プライベートジム

#パーソナルトレーナー






閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示